お見合いパーティー攻略法

  1. スポンサーサイト(--/--)
  2. お見合いパーティーでの自己紹介!目を見て (11/02)
前のページ 次のページ

スポンサーサイト




上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




<まじめに探す「人生のパートナー」応援サイト>

結婚リンク -結婚関連サイトリンク集-

スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

お見合いパーティーでの自己紹介!目を見て 




こんなパーティーあったんだ!  今までにないお見合いパーティーをのぞいてみよう!


<力まず自然に自己紹介!>

まず、参加者全員の前で自己紹介がある場合。

時間はとても短いです。ここで、気の利いた自己紹介をしよう!なんて考えなくてもいいです。

ポイントは、気になる人に対して、第一声はその方の目を見て自己紹介しましょう。
ちょっと恥ずかしいのですが、目が合えばかなり意識してもらえます。

そのあとのフリータイムでの話のキッカケを作ることが優先です。
「自己紹介のとき、目が合いましたよね。(笑)」
たぶん、お相手の中であなたの存在はかなり大きくなっているはずです。


次に、僅か数分の短い時間の中で、一人ずつ順番に1対1で自己紹介も含めた話をしていく場合です。

このときに注意しなければならないことは、必ず相手の目を見て話をすることです。

多くの場合、相手の簡単なプロフィールがあなたの手元に配られているはずです。
が、皆が陥りやすいのが、そのプロフィールを見ながら話してしまうことです。

下を向いたままプロフィール用紙を見たままで話をするようになるので、これは、絶対に避けてください。アピール力が欠けてしまいます。
また暗いイメージに写ってしまい、マイナスです。

この場合も、時間がすごく短いので、「こんにちは!はじめまして!○○といいます。」と、ゆっくりと、お相手の目をみて話をするのがポイントです。

はっきり言って、相手のプロフィールの書いた紹介カードは無視しましょう。
どうしても、紹介カードに目が言ってしまう場合は、ちらっと見るのではなく、紹介カードを見てるということがわかるようにしましょう。

時間は短いので、もし気に入った人がいたら、タイムオーバー直前に「この続きはまたあとでお願いします」とひとこと言って次の席に移りましょう。
相手にあなたの印象は残るはずです。

1対1の自己紹介は、お見合いパーティの中で最も重要な時間です。
この短い時間内に、いかに自分の顔と名前を覚えてもらえるかが、お見合いパーティ成功のポイントです。

参加者全員と会話できるのがお見合いパーティのメリットですので、時間を有効に。





<まじめに探す「人生のパートナー」応援サイト>

結婚リンク -結婚関連サイトリンク集-

お見合いパーティー攻略法 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
前ページ | ホームへ | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。